当社のマスコットの絵

株式会社三機工業

土木・建設機械器具、各種トラック・ダンプ・高所作業車等のレンタル・販売・修理

よくある補償対象外事故例(約款より一部抜粋)

補償制度の対象外となる事故の例から、特によくある例を一部ご紹介します。

補償対象外事故例1

警察署の道路使用許可を受けないで、No.の無い機械及び道路運送車両の保安基準を満たしていない機械で公道を走行中に発生した対人・対物事故(道路運送車両法第3章、道路交通法第77条第1項)

〔図1〕
図1、相手(第3者)のトラックと、レンタル機の衝突イメージ

補償対象外事故例2

過積載が原因による事故(道路交通法第57条第1項)

〔図2〕
図2、過積載イメージ

補償対象外事故例3

クレーン付トラック、高所作業車のブームを格納せずに走行した事により発生した事故(重大な過失)

〔図3〕
図3、クレーン付トラックのブーム未格納による事故イメージ

補償対象外事故例4

第3者以外の人・財物との事故(損害賠償の対象外)

〔図4〕
図4、人・財物とレンタカーの衝突事故イメージ。対人・対財物を「A」、レンタル機側を「B」とする

  1. 図4の[A]が[B]の操作者の同僚
  2. 図4の[A]が[B]の操作者の、勤務先の所有財物
  3. 図4の[A]が[B]の操作者の、下請会社の社員
  4. 図4の[A]が[B]の操作者の、下請会社の所有財物
  5. 図4の[A]が[B]の操作者の、家族
  6. 図4の[A]が[B]の操作者の、家族の所有財物

補償対象外事故例5

サイドブレーキの引き忘れによる対人・対物事故(重大な過失)

〔図5〕
サイドブレーキの引き忘れによる事故のイメージ
画像©一般社団法人日本建設機械工業会

補償対象外事故例6

運転席以外の搭乗によって発生した事故(故意又は重大な過失)

〔図6〕
運転席以外の搭乗による事故のイメージ
画像©一般社団法人日本建設機械工業会

補償対象外事故例7

クレーン機能を備えていない機械でクレーン作業を行ったことによる対人・対物事故(故意又は重大な過失)

〔図7〕
クレーン機能を備えていない機械でクレーン作業を行ったことによる事故のイメージ
画像©一般社団法人日本建設機械工業会

補償対象外事故例8

標準仕様以外の使用による対人・対物事故(故意又は重大な過失)

〔図8〕
標準仕様以外の使用による事故のイメージ
画像©一般社団法人日本建設機械工業会

例:クレーン仕様の機械にグラップルを装着中、そのグラップルを用いてクレーン作業を行ったために発生した事故

↑このページのトップへ移動する↑

Home > レンタル > よくある補償対象外事故例